L-Style

手帳(フランクリンプランナー3年目)や筋トレ。生活を良くする習慣など。より良い生活を送れたらと思って発信しています。

ほぼ日オリジナルのカバーを文庫本カバーにしました。

本を買うときには持ち運びやすい新書サイズか文庫本サイズを買うようにしているのですが本屋で買うときにつけてもらうカバーはとても味気なく、いつもカバーを買おうかなと思っています。

しかし結局、本屋のカバーで満足してそれをほかの本にも使っていたりするのですが、昔使っていたほぼ日オリジナルのカバーって使えないのかなと思ったのが始まりです。

 

今までこんなことが頭をよぎらなかったのかと恥ずかしい限りです。


2010年からほぼ日オリジナルを使い続け、これはしばらく使うなと思って2年目に革カバーを買いました。2014年でほぼ日はいったん終了し、フランクリンプランナーに乗り換えたのですが・・・


今までクロゼットの奥底に過去のほぼ日オリジナルたちと眠っていました。

f:id:drymartini-0202:20160324091652j:image

f:id:drymartini-0202:20160324091659j:image

早速取り出してみると使い込んだなというか、雑に扱っていたんだなと思わせる傷だらけです。写真で見ると汚いですが、いいように言うのなら味がでています 笑
不思議とその時のことも思い出せるのがアナログのいいところでもあります。

 f:id:drymartini-0202:20160324091725j:image

ほぼ日オリジナルが文庫本サイズなので、もちろんぴったり入りました。しおりも2本ついているので満足です。しいて言うならペンを差し込むバタフライストッパーが邪魔ですがこれも良しとします。


リサイクルもいいかもしれません。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村