L-Style

手帳(フランクリンプランナー3年目)や筋トレ。生活を良くする習慣など。より良い生活を送れたらと思って発信しています。

朝の流れはこんな感じ。早起きするとドンドン時間が生まれます。

 

皆さんは「朝起きたら必ずやること」はきまっているでしょうか?

 

忙しくて朝の準備にいっぱい、いっぱいだという人もいれば、特にすることなんかない。という人まで様々かと思います。

 

朝をドタバタした状態で迎えると、その後の通勤から仕事に至るまで少なからずその気持ちを引きずったまま、なんてことはありませんか。

 

極端に言えば、遅刻ギリギリで仕事を開始するのはいい気分ではありませんよね。そんな状態では、1日のうちの気力・体力の幾らかは仕事前に消費されています。

 

 

 

もったいないです・・・

 

 

私も新社会人頃はそんな感じでした。通勤に間に合う時間ギリギリまで寝て、慌ただしく準備して・・・、また仕事かという憂鬱な気分でした。

 

 

f:id:drymartini-0202:20170609163813j:plain

 

しかし朝の行動にある程度の決まりをもたせたところ、だんだんと仕事に対して余裕が持てるようになりました。

 

朝の流れをつくっておく

1起床後はトイレ→歯磨き→シャワー

f:id:drymartini-0202:20170609163912j:plain

私の場合これは絶対です。休日だろうと関係ありません。新たな習慣を身につけるには継続することはもちろんですが、0からではなく今ある習慣に紐づけるとより身につきやすくなります。

 

私の場合は歯磨きという習慣にシャワー習慣をつけました。シャワーを浴びるようになったのは単純に顔を洗うのと寝癖を直すのを一緒にしたかったからです。当初はシャワーを浴びて眠気をさますという発想はありませんでした。とにかく準備の時間を短縮したいという考えで始まりました。

シャワーを浴びた後は髪を整えるところまで済ませます。

 

朝の時間を充実させるためには「歯ブラシ」にもこだわりを持つべき。

 

2コップ1杯の水を飲む

f:id:drymartini-0202:20170609164008j:plain

体は寝ている間にコップ1杯〜1杯半の寝汗をかきます。ということは起きた時の体は脱水状態です。寝ている間に失った水分をここで補います。

水分を取るなら起きてすぐの方がいいんじゃないかという声が聞こえてきそうですが、私の場合、歯磨きしていない状態で何かを口に入れたりするのが気持ち悪いという理由で2番目に持ってきています。

また、歯磨き後に水を飲むとなるとまたキッチンまで行かないといけないという時間のロスが発生するのでそれも理由の一つです。

 

3軽く柔軟運動をする

f:id:drymartini-0202:20170609164051j:plain

目が覚めているとは言え、ここまでの準備で約15分しかかかっていないので、身体はまだはっきりとは目覚めていません。朝からいきなり運動するというのはハードルが高くても柔軟ぐらいなら1分ほどでできますし、身体もスッキリします。

 

4軽めの朝食をとる

f:id:drymartini-0202:20170609164203j:plain

お腹は本格的には空いていないのですが、軽くヨーグルトや果物などを口に入れます。コーヒーはこの段階では飲まないようにします。

 

5身だしなみを整える

f:id:drymartini-0202:20170609164251j:plain

ここでようやくスーツに着替えます。選ぶのに手間取らないようにネクタイなどは一週間ごとのローテーションにしています。スーツに着替えた後、髭を剃って出社準備完了です。

 

 

スーツの手入れは「洋服ブラシ」で

 

 

まとめ

以上の準備をした後、私はすぐに家を出ます。家にいると正直仕事へのエンジンがかからないから。自宅で資格勉強をしたり読書したりという方もいますが私にはそれは合わなかったので、会社近くの喫茶店などで朝の時間を楽しんでいます。

 

以上「朝の流れはこんな感じ。早起きするとドンドン時間が生まれます。」でした。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村