L-Style

手帳(フランクリンプランナー3年目)や筋トレ。生活を良くする習慣など。より良い生活を送れたらと思って発信しています。

部屋が散らかっているときは間違いなく調子が悪いとき。綺麗を維持する方法を考えてみる

 f:id:drymartini-0202:20170809201046j:image

散らかっているとき。

 

学生時代から「男の部屋にしてはキレイ」とか「意外と部屋キレイ」みたいなことを言われていた。

 

自分では散らからないように心がけている程度なんだけどなと思っていたが、同じく一人暮らしの友人の部屋に行くと確信した。

 

 

「俺の部屋はキレイだ」

 

 

でも社会人になると残業や飲み会などで遅くなったりするとどうしても部屋が散らかる。

 

 

最初は微々たるもんだけどいつのまにか積み重なって片付けするのめんどくさいってなる。散らかっているものに目移りしてなんか気が散る。

 

 

社会人になって7年目。自分なりの綺麗を維持する方法を考えてた。

 

 

 

モノを増やさない

f:id:drymartini-0202:20170809201412j:plain

 

ミニマリストじゃないけれどモノがなければ散らかることもない。でもお金が入ったら生活しやすいからと自己満で色々買ってしまう。

 

 

タチが悪いのはコンビニでもらってきた割り箸とかお手拭き。

使いかけのポケットティッシュ。(笑)

 

 

割り箸は使うから問題ないとしてお手拭きとポケットティッシュは大問題。

 

お手拭きは使うタイミングを逃して未だにそこらへんを漂っている。

 

 

ポケットティッシュはもっと厄介で整理したら仕事用カバン×1、プライベートカバン×2、スーツの上着の中×1、私服のポケットの中×3の7個もあった。

 

 

こんなにあるのに必要な時に見つからない。使う日は来るのだろうかと悩むのがいけないんだろうなと思いつつなかなか捨てられない。

 

 

すぐ捨てる

f:id:drymartini-0202:20170809201519j:plain

 

「類は友を呼ぶ」ではないけれど「ゴミはゴミを呼ぶ」

 

 飲んだ後のペットボトルや空き缶。いつもは捨てるんだけどたまに忘れるとなぜかもう1本増えている。

 

 

紙くずやそのほかのゴミも同じく残っているとなぜかそこから増えて行く。

 

 

割れ窓理論なんていうのがあるけど、治安の悪い街も明らかに汚い部分がある。

 

 

もうこれは日頃の心がけしかないと思う。ゴミ箱がすぐそこにあるのに捨てないのは意識の問題だろう。

 

 

手の届くところに掃除道具を置いておく

f:id:drymartini-0202:20170809201623j:plain

 

一人暮らしで、キャニスタータイプの掃除機はあるのだけどコードレス掃除機を買って半年がたった。

 

すぐ使えるのは何にも代えがたい。ストレスなく使える。これは間違いない。

 

 

掃除の頻度が増える。

 

 

 

これはない。最初は増えたけど気づくと「あ。やってない」ってなる。

 

とは言っても手が届く範囲にあるのでそう思ったらコードレス掃除機を手に取ればいいだけ。そこにストレスはない。 

 

 

クイックルワイパーも役立ってくれている。カーペットは無力だけどフローリングのホコリを無音で取ってくれる強い味方。

 

 

本体は純正。ドライシートとウエットシートはサードパーティの安いやつ。

 

純正が変えればそれが一番効果があるんだろうけど値段と相談して決めた。

 

 

安ければ気兼ねなく使えるのでそれが一番いいと思う。 

 

 

結論

 f:id:drymartini-0202:20170809201108p:image

いつでもこれぐらいは維持したい。

 

綺麗の維持に近道はないと思う。それこそ日々の積み重ね。

 

自分の場合は、ものを減らすのが手っ取り早いかなと思う。ミニマリストに多少の憧れがあるので関連本でも読んでみようかな。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村