L-Style

手帳(フランクリンプランナー3年目)や筋トレ。生活を良くする習慣など。より良い生活を送れたらと思って発信しています。

100円ノート術を一冊終えての感想と自分なりの2つの改善点。

 

先月から始めた「100円ノート超メモ術」。約1ヶ月で1冊使い終わったので感想と自分なりにアレンジした点をご紹介します。

 

 

『100円ノート「超」メモ術』とは?こちらの記事を↓

www.l-style0202.com

 

 1冊を終えての感想

 

考えを発展させやすい

f:id:drymartini-0202:20170719123522p:plain

 

見開き2ページに1案件ということで使い始めは不安しかなかった。

 

今までロディアのNo.11に細かく書き込んでいたのを、A6サイズに1テーマしか書かなくなったのだから当然と言えば当然か。

 

貧乏性といってしまえばそれまでだが始めはきちんと活用しきれるのだろうかという思いでいっぱいだった。

 

 

 

しかし、人間使えば慣れてくるもので見返すのと同時に、その考えに+αで書き込むことも多くなった。たまに見開き2ページでは足りなくなることも。

 

 

カテゴライズすることで見返しが容易に

f:id:drymartini-0202:20170818183652p:plain

 

インデックスでカテゴリーを作ることで見返すのと同時に自分がどんなことでメモしているのか客観的にわかるようになった。

 

どんなことでも1冊のノートに書き込むというルールのもと、自分なりには日頃感じた気づきを書き込むことが多いだろうと思っていたのだが、それよりも上司から指摘されたこと、話ネタなどを書き込んでいる方が多かった。

 

テーマを見返すというのもそうだが、どんなジャンルで自分がメモを取っているのか取っていないのかがはっきりとわかる1ヶ月だった。

 

使いにくい(使いきれなかった)ので改善した点

角を切り取る→しおりシールを貼る

f:id:drymartini-0202:20170714171913j:plain

書けるページに素早くアクセスすることで右下角を切り取っていたのだが、私にはどうも使いにくい。

 

というか切り取るのもめんどくさかった。

 

切り取るのを忘れたり、切ったゴミが気になったり。(ズボラなだけかもしれないが)

 

 

なので切り取るのをやめて、無印のしおりシールを貼ることに。切り取らなくて済むし、ページにアクセスできるのも変わらない。180円と値段も良心的。

 

www.muji.net

 

f:id:drymartini-0202:20170818184204j:plain

f:id:drymartini-0202:20170818184122j:plain

 

2本しおりがついているが1本は使わないので切って使っている。しおりの長さも切ってノート用に調節。

 

 

ただ勘違いして欲しくないのが自分は使いにくかっただけで悪くはないということ。ページをパッと開く速度は確かに角を切り取った方が早かった

 

 

裏表紙の切り込みは後から切り取った方がいい

f:id:drymartini-0202:20170714171952j:plain

インデックスを素早く開くために裏表紙に切り込みを入れるのだが1冊目も2冊目も好みの位置に切り取ることができなかった。

 

もともとなんども見返すのでへたりやすいという理由で切っておくための工夫なのだが自分の親指の位置ではなかったという間抜けな理由。

 

3冊目は切り込みをあえて入れずにへたってきたところ(自分にとってしっくりくる位置)に切り込みを入れたいと思う。

 

まとめ

f:id:drymartini-0202:20170818184720j:plain

メモ帳に悩んでいる人はぜひ使って欲しい。最初は正直戸惑うかもしれないが1冊使い終わる頃には絶対に良かったと思える。

 

実を言うと後輩も一人使ってくれている。メモの仕方やメモ帳の種類で悩んでいる人は一度ぜひ試してみてほしい。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村