L-Style

手帳(フランクリンプランナー3年目)や筋トレ。生活を良くする習慣など。より良い生活を送れたらと思って発信しています。

読み放題まで始まった!アマゾンプライムのスゴすぎる特典の数々

f:id:drymartini-0202:20171006173037j:plain


 

 

 

10月5日から「Prime Reading」という書籍の読み放題まで始まった「Amazon Prime(アマゾンプライム)」。

 

「まさか読み放題まで会員特典に入れてくるなんて」と驚きだったのでこの機会に私も使って1年になるアマゾンプライムの特典をご紹介します。

 

 

 

 

買い物に関して

お急ぎ便、お届け指定便が無料

アマゾンを利用する際、別途配送料がかかるお急ぎ便(対象商品あり)お届け指定便が無料で利用できます。

 

アマゾンを月1回でも利用するならこれだけでも元が取れる可能性があります。

 

Prime Nowが利用できる

対象エリアは限られますが1時間以内、2時間便で商品が届くサービス。

 

一時期有名になったサービス。エリアが限られているのが残念ですが仕方ない。

 

会員限定の先行タイムセール

一般の人より30分早くタイムセールに参加できます。

 

アマゾンのタイムセールは人気商品はすぐ売り切れてしまうのでこれは嬉しいですね。

 

 

これがメイン(?)エンターテイメントサービス

 

プライムビデオ

映画やTV番組が見放題のサービス。

 

アマゾンプライムはもはや見放題がメインじゃないのかと思わせるサービス。最新作は有料になる場合もありますが、作品数が多いのできっと気にいる作品があるはずです。

 

Prime Music

100万曲以上聞き放題のサービス。

 

シーンに合わせたプレイリストが数多くあるのでBGMに使うのもオススメです。

 

Kindleオーナーライブラリー

Kindleの電子書籍リーダーやFireダブレットを持っている場合、毎月1冊対象のKindle本が無料のサービス。

 

 

今回始まった「Prime Reading」

和書約700冊+洋書約200冊(10/5時点)が読み放題のサービスが10月5日から始まりました。

 

コミックは最大3巻まで無料などの制限があるもののこれからもっと充実していくものと思います。

 

「Kindle Umlimited」との違い

あまり知らない人から見ると、

 

「アマゾンは前から読み放題のサービスやってなかったけ?」

 

となるもの。そこでアマゾンが以前から提供していた「Kindle Unlimited」とどこが違うのかまとめてみました。

 

 

両方ともPCでの利用や初回登録無料期間(30日間)、同時DL可能数(10冊)は同じです。

 

違うのは金額と対象作品数。金額はKindleが980円。プライムが400円/月or3900円/年(プライム会員料金に含まれる)

 

対象作品数はKindleがコミックを始め書籍・雑誌が120万冊以上、洋書120万冊。プライムが和書約700冊+洋書約200冊となっています。

 

 

こうして見ると読み放題を存分に楽しむならばKindle Unlimitedですね。

 

作品数は圧倒的な違いがありますがプライムリーディングはまだ始まったばかり。今後の展開に期待するとともに、Kindleサービスとそう区別していくのか気になるところです。

 

 

まとめ

まだまだ細かいサービスなどを含めるとまだまだあるアマゾンプライム。一般の人が多く利用するのは今回紹介させていただいたサービスかなと思います。

 

年間3900円ということはひと月当たり325円。サラリーマンの昼飯より安いよ。

 

とにかく便利であることは間違いない、アマゾンプライム。