L-Style

LIFE STYLEの略。生活に関わるものとしてガジェット(iPhone)・手帳・筋トレ(ランニング)・習慣(早起き)をメインに実体験とともに書いています。

【iPhone】コントロールセンターの設定方法まとめ

f:id:drymartini-0202:20180801113039p:plain

 

iPhoneのiOS11からコントロールセンターが新しくなり今までなかった機能も追加されるようになりました。

 

その反面コントロールセンターを使っていなかったり、十分に設定できていない人もいるのでその方法をまとめます。

 

 

 

 

 

 

コントロールセンターとは?

画面の最下部から上にスワイプする(引き上げる)ことで表示できるショートカット機能です。

 

  • Wi-Fiなどの通信のON/OFF
  • ミュージックの再生
  • 画面の明るさや音量の調整

 

これらの調整は従来のコントロールセンターにもありました。

 

シンプルになってカスタマイズ可能に!

iOS11からコントロールセンターの表示がシンプルに、またカスタマイズ可能になりさらに便利なものになりました。

 

  • 機能の追加や削除ができるようになった
  • 「画面収録」「低電力モード」も選択可能

 

もっと機能が追加できるようになればいいのにとは思いますがそこはシンプルが売りのiPhone。追加できる機能もかなり絞られています。

 

コントロールセンターの設定方法まとめ

 

「設定アプリ」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」 

から設定できます。

1設定アプリをタップ

 

f:id:drymartini-0202:20180801115056j:plain

 

2コントロールセンターをタップ

 

f:id:drymartini-0202:20180801115303j:plain

 

3コントロールをカスタマイズをタップ

 

f:id:drymartini-0202:20180801115358j:plain

 

4機能の追加と削除

 

f:id:drymartini-0202:20180801115458p:plain

 

この画面で追加と削除を行います。

 

個人的に便利だと思ったのが、

  • 計算機
  • カメラ
  • 画面収録
  • ボイスメモ
  • メモ

の5つ。

 

使う頻度にもよりますが、カメラとメモを追加することによってホーム画面がさっぱりしました。

 

使う頻度が多い機能を追加してもいいですし、あまり使わないけれどあったら便利な機能を入れておいてもいいと思います。(私の中では計算機とボイスメモ)

 

ちなみに全部追加すると画面がごちゃごちゃになるのであまり意味はないかと思います。(全部追加するのならホーム画面においたほうがいいのでは?)

f:id:drymartini-0202:20180801120302p:plain

 

コントロールセンターのメリット・デメリット

 

メリット

  • 目的の機能に素早くアクセスできる
  • ホーム画面の整理になる

 

デメリット

  • 設定の複雑化
  • 全ての機能がコントロールセンターに設定できるわけではない

 

 

まとめ

発売当初はシンプルで設定が簡単なことが売りのiPhoneでしたが、時代に合わせて多機能化しています。(それでもアンドロイドよりは設定しやすい)

 

それに伴い設定も複雑になってきているのでまだ使いこなせていない便利な機能もあるのではと思います。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村