L-Style

LIFE STYLEの略。生活に関わるものとしてガジェット(iPhone)・手帳・筋トレ(ランニング)・習慣(早起き)をメインに実体験とともに書いています。

【iPhone】バッテリー持ちを良くする5つの方法!これをするだけでかなり変わります。

 

 

スマホの性能は格段に進化しましたが、電池持ちは格段に進化した、、、と言えるでしょうか?

 

モバイルバッテリーが売れていることを考えるとバッテリー持ちに悩まされている人は結構いるようです。

 

日常のあらゆる場面で役立つiPhoneもバッテリーが切れてはただのお荷物。

 

この記事では私も試しているiPhoneのバッテリー持ちを良くするための簡単にできる5つの方法を書きます。

 

まだ試していない方は是非!

 

 

 

 

 

まずはバッテリー消費が多いアプリをチェック!

 

まずはどのアプリがバッテリー持ちに影響しているかチェックします。

 

1設定アプリをタップ

f:id:drymartini-0202:20180801115056j:plain

 

2「バッテリー」の項目をタップ

f:id:drymartini-0202:20180802171124j:plain

 

3よく使用しているアプリを確認する

f:id:drymartini-0202:20180802171333j:plain

 

私の場合はゲームでした。どれだけ真面目に仕事していないかわかりますね・・・

 

念のため、会社用スマホは別です。

 

黄色の枠で囲んである「24時間以内」「7日以内」をタップすると切り替えられます。

f:id:drymartini-0202:20180802171554j:plain

 

7日以内の使用率は、、、ゲームですね。 

 

確認して全く使っていない(不要な)アプリがあればすぐに削除してください。

 

画像にあるインスタグラムのように使っているアプリでバックグラウンド処理(使っていない間でも動いている=バッテリーを消費する)とあれば下記の方法を参考にしてください。

 

バッテリー持ちを良くする5つの方法

f:id:drymartini-0202:20180802172310p:plain

 

基本的には、

  • 使ってない機能をオフにする
  • 使ってないアプリを削除する

これらを徹底すれば無駄なバッテリー消費は抑えられます。

 

いずれの方法も設定アプリから行います

 

1.位置情報サービスのオンオフ

  • 「プライバシー」をタップ。

f:id:drymartini-0202:20180802172648j:plain

 

  • 「位置情報サービス」をタップ。

f:id:drymartini-0202:20180802172735j:plain

 

  • 位置情報サービスのオンオフをアプリごとに確認する。

f:id:drymartini-0202:20180802172801j:plain

 

ほとんどのアプリは使用中のみで問題ありません。(アプリごとによって要確認)

 

位置情報が必要ないものは任意でオフにしておきましょう。 

 

 

2.Appのバックグラウンド更新をオフ

  • 「一般」をタップ。

f:id:drymartini-0202:20180802173556j:plain

 

  •  「Appのバックグラウンド更新」をタップ。

f:id:drymartini-0202:20180802173701j:plain

 

  • アプリごとに設定する。

f:id:drymartini-0202:20180802173939j:plain

 

 こちらも基本的にはオフで問題ないかと思います。

 

私は例外的にGPSで行った場所を自動的に記録できるアプリ「Moves」を使用しているのでそのアプリだけバックグラウンド更新をオンにしています。(バックグラウンドで記録できなくなるため)

 

バックグラウンド更新をオフにしてしまうと使い物にならないアプリは開くと「正しく使用できません」などの注意が出てきます。

 

3.「iTunes StoreとApp Store」の自動ダウンロードをオフ

 

他のデバイスで購入したアプリなどを自動的にダウンロードするかどうかの設定ですが、iPhone1台しか持っていないならオフにしておきます。

  • 「iTunes StoreとApp Store」をタップ。

f:id:drymartini-0202:20180802175325j:plain

 

  • 自動ダウンロードをオフにする。

f:id:drymartini-0202:20180802175423j:plain

 

4.明るさの自動調整のオフ

使用に問題のない範囲で暗くしておくのも◎。

 

特に室内使用がメインであれば最大限に明るくしておく必要はないかと思います。目の負担も減らせますしね。

 

  • 「一般」をタップ。

f:id:drymartini-0202:20180802173556j:plain

 

  • 「アクセシビリティ」をタップ。

f:id:drymartini-0202:20180802180323j:plain

 

  • 「ディスプレイ調整」をタップ

f:id:drymartini-0202:20180802180430j:plain

 

  • 「明るさの自動調節」をオフにする。

f:id:drymartini-0202:20180802180557j:plain

 

5.視差効果を減らすをオンにする

 

視差効果とは画面内に立体感や奥行きを表現する機能です。初期設定はオンになっています。

 

視差効果を慣れ親しんだ人にとってはじめは違和感を感じるかもしれませんが、一度試してみてはどうでしょうか。

 

  • 「一般」をタップ。

f:id:drymartini-0202:20180802173556j:plain

 

  • 「アクセシビリティ」をタップ。

f:id:drymartini-0202:20180802180323j:plain

 

  • 「視差効果を減らす」をタップしてオフにする。

f:id:drymartini-0202:20180802181456j:plain

 

 

低電力モードはバッテリー持ちを良くする強い味方!

f:id:drymartini-0202:20180802181649j:plain

 

低電力モードとは、電力消費を一時的に抑えるモードです。メールの取得やバックグラウンド更新などがオフになったりします。

 

 

「とりあえず電池持ちをよくしておきたい!」

「すぐに充電できない!」

「バッテリーが残りわずかだけれど、切れるのは防ぎたい。」

 

 

低電力モードにすると驚くほど電池が持ちます。

電池持ちだけに限って言えば無敵です。

 

 

 とりあえず切れるのだけは防ぎたい、いまは充電できないけれど今後の使用に備えてバッテリーを節約したいという方は低電力モードを試してはいかがでしょうか。

 

私も充電できない環境でバッテリー容量が20パーセント以下になるとよく使います

 

モバイルバッテリーの併用を考えてみては?

 

www.l-style0202.com

 

 

まとめ

他にも色々設定はありますがとりあえず上記5つの方法を試しておけば無駄なバッテリー消費を抑えることができます。

 

個人的にはカメラの画素数をこれ以上良くするのではなく、電池持ちを良くしてほしい。

本体が多少厚くなっても売れると思います。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村