L-Style

LIFE STYLEの略。生活に関わるものとしてガジェット(iPhone)・手帳・筋トレ(ランニング)・習慣(早起き)をメインに実体験とともに書いています。

【iPhone】文章のカーソル移動・選択をもっとスムーズに!3D Touch機能を使う方法

f:id:drymartini-0202:20180901184236j:plain

 

iPhoneの小さい画面で文章の入力していて文の修正を行いたいときなど直接画面をタッチしてカーソル移動をすると間違った箇所を選択してしまう経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

 

特に長文などの場合、「そこを選びたかったんじゃないのに・・・」とイライラしてしまうこともしばしば。

 

そんなときは、3D Touch機能を使ってキーボードをプレスすればカーソル移動が簡単に行えます。

 

 

 

 

 

 

大前提として3D Touchは「オン」にしておく

f:id:drymartini-0202:20180901184559j:plain

 

当然ですがキーボードをプレスしてカーソル移動をさせるには3D Touchがオンになっていなければいけません

 

確認はこちらから。

support.apple.com

 

 

文章のカーソル移動や選択方法

操作自体は簡単です3D Touchに慣れが必要な場合もあります。

 

1.キーボード部分を1回プレスする

f:id:drymartini-0202:20180901182451j:plain

 

キーボード部分を1回押すとキーボード表示が消える。

押す部分は赤内であれば、どこでも構わない。動かすことを考えると「た」「な」「ABC」あたりを押したほうがいいのかも。

 

f:id:drymartini-0202:20180901182719j:plain

 

このようになって入ればキーボード部分がトラックパッドになり指を滑らせればカーソルが動かせるようになる。

 

2.プレスしながらカーソル移動で選択範囲が選べる

f:id:drymartini-0202:20180901183002j:plain

 

赤枠内であればトラックパッドのように使うことができる。

 

またもう一度プレスしながらカーソル移動で範囲を選択できる。

f:id:drymartini-0202:20180901183114j:plain

 

ブログなどの文章を修正したりするときにはかなり便利です。

 

文章の選択は人によって慣れが必要な人もいるのでなかなかうまくいかないときは3D Touchの感度を変更してください。

 

 

まとめ

f:id:drymartini-0202:20180901183557j:plain

慣れればストレスなく文章の選択やカーソル移動ができます

使っている人が少ない3D Touchではありますがなかなか便利な機能です。

ぜひ試してみてくささい。