習慣化

すぐに成果が出るものは続く!過去を振り返って気づいたいつのまにか習慣化できていたコト

f:id:drymartini-0202:20171011154507j:plain

 

続ける=習慣化するのは苦手と思っていた私ですが過去を振り返るといくつか習慣化できていたものがありました。

私に関しては成果がすぐに出るものは続けやすいようです。

習慣化するために

f:id:drymartini-0202:20170921193747j:plain

何かを続けるのは苦手と思っていました。

特に英語の勉強。

会社の飲み会や、疲れているからという言い訳で1日空いてしまうとそのままズルズルと・・・。

自制だけでなく強制力も必要

「今すぐに必要ない」と思ってしまうとやはり強制力がなくなるんですよね。特に英語が話せなくても会社をクビになることはない。

話せると仕事の幅が広がるのは間違いないけれど絶対ではない。

だから続かない。

強制力は案外大事だと思います。仕事に行きたくないと思いつつも行きますよね。

行かなければクビになり生活できないから。

それぐらいの強制力があればいいですけれどなかなかそうもいきません。

いつのまにか続いていたコト

f:id:drymartini-0202:20170807224205j:plain

そう思っていた私ですが「毎日更新レース」を始めるにあたって振り返ってみるとカテゴリは限られますが案外続けられているものがありました。

それが以下の4つ。歯磨きとか生活に欠かせないであろう要素は省きます。

柔軟運動

お風呂上がりの柔軟を始めてもう14年以上。

中学生から始めたと思う。

当時は「180度開脚できればかっこいい」みたいな動機だったと思う。

高校で本格的に部活をやるにあたりある程度の柔軟性があったほうが怪我の防止になるということを知り、怪我の防止に。

大学・社会人以降も柔軟をやったほうが明らかに気持ちいいし、疲れも取れている気がする。

筋トレ

これも中学から。運動したほうが気分が晴れるしボディメイクにも役立つ

有酸素運動

f:id:drymartini-0202:20170806175703j:plain

継続し始めたのは今年の6月ぐらいから。

週3回のランニングと決めていたけれど天気によってはできないこともあるので、有酸素運動全般(HIITやジムでのバイクなど)を週3回に改めた。

今まで挫折しまくっていたけれどようやく続くようになった。理由は走った後のすっきり感が半端ないから。

悩んでいるなら有酸素運動をオススメする。

読書

f:id:drymartini-0202:20171011154837j:plain

読書を日常的に始めたのが大学3年の終わり頃だったと思う。

それまでは読む暇があればという程度。

正直「本ぐらい読まないとやばい」と思うようになり始めた読書。

今は通勤時の限られた時間を読書の時間に当てている。

実用書から小説まで読み意外と集中できる。

もちろん自宅でも読むがいつからか読まないと落ち着かないレベルにまでなった。

 

成果がすぐに出るものは続けやすい

f:id:drymartini-0202:20170803180643p:plain

以上が続けられているコトだがどれも共通するのが成果がすぐに出るということ。

といってもスゴイと思う成果ではなく、やっておいてよかったとすぐに感じられることが大きい。

柔軟を始めとする運動は気分転換にはもってこいだし、読書はすぐに仕事に応用できるものがあるし、本の話題がきっかけでご縁ができることもある。

もちろんそう感じるためにはハードルを上げないことも大事

筋トレをしてもいきなり100kgのバーベルを持ち上げられるわけじゃないし、読書は自ら実行しなければただ読むだけで終わってしまう。

最終的には高い目標を持ちつつも「◯◯をしたからすぐに●●ができるだろう」なんて考えなかったことも続けられているひとつだと思う。

まとめ

もちろん世の中にはすぐに成果が出ないものが大半なので自制心や強制力は必要になってくる。

今続いているもののように簡単にはいかないかもしれない。

けれど続かないと思っていた自分でも続けることができるんだとプラスに考えてやっていこと思う。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ABOUT ME
hiroki.S
hiroki.S
形から入って試していくタイプ。使った手帳は10種類以上。1年使いきれなかった手帳は数しれず。 iPhoneなどのガジェットも好きAppleWatchの進化に注目。 そのほか筋トレやランニングなどヘルスケアに興味あり。